遊宝洞

ボードゲーム リプレイ「世界の七不思議」(前編)

2015年1月27日
 実際の所7人は集まらないんじゃないかな〜、と思いながら募集をかけたわけですが、思いの外フルメンバーが集まりました!
 名作だと、なんだかんだで集まってくれるので助かります!
 それぞれが担当する文明を加えながら、今回のメンバー(座り順)をご紹介いたします!

研磨するM瀬……ギザのピラミッド(B)。初プレイではあるが、持ち前の分析力で勝利を目指す。

広木社長……ハリカルナッソスのマウソロス霊廟(B)。文明は最強クラスだがこれを活かせるか。

N尾シェフ……ロードスの巨人像(B)。インストも請け負う巧者だが、両サイドに石がないという悲しみを背負う。

不動のT倉……アレクサンドリアの灯台(B)。社長に次ぐ貫録を持つ男。文明同様の高い対応力を発揮できるか。

フードファイターK島……エフェソスのアルテミス神殿(B)。余りあるコインで食料を買い込む。

匠のF田
……オリンピアのゼウス像(B)。強力な効果をコピーできる効果が生きるかが鍵。

管理人K藤……バビロンの空中庭園(B)。機能させづらい文明を掴まされ、最初から若干テンションが上がらない。

 文明ボードには表(A面)と裏(B面)があり、効果が微妙に異なります。今回は本当に偶然なのですが、全員がB面を使う事になりました。

 このゲームは7人が同時に動くため、展開の解説を行うのが非常に困難なのですが、できるだけポイントを絞って各人のプレイングをフォローしていきたいと思います。
 なお、ゲーム中は不用意な発言をすると自分の狙っている作戦がバレ、不利になってしまう可能性があるため、今回のプレイではほとんどのプレイヤーが喋らないというリプレイ泣かせな展開になってしまいましたので、それぞれのプレイから「心の声」を私が脚色する形でお届けしてまいります。


 まずは第T世代の1手目。
 最も選べるカードが多いこの手番では後に高度な建物を作るための資源となる生産物を確保しておきたいところ。
 「鉱山」「貯木場」など、複数の生産物が出せる建物を確保しておきたいところ。
←建設にお金がかかりますが、捻出できる資材を2種類から選べて大変便利です。
 広木、N尾、K島、F田、K藤はそれぞれ「鉱山(鉄または石)」「森の洞窟(木または鉄)」「貯木場(石または木)」「開削(石または土)」「粘土採掘場(土または鉄)」を建設。さすがにこのあたりの定石は全員が心得ています。
 しかし、その意識はあっても手札になければ建てることができないのがこのゲームの泣き所。
 T倉さんは最序盤での必要性が薄い製造物、紙を供給できる「パピルス工房」を取得。


不動のT倉「なんで俺の初手だけこんな選択肢しかないんだよ!」


 2手目以降での回復を狙わなければならないところですが、次に回ってくる手札は「森の洞窟」が抜かれたN尾シェフの物。それより有用な建物が残っているはずもなく、木のみ供給可能な「材木置き場」を建設するしかありませんでした。
 一方、好調なスタートを切った隣のN尾シェフは


N尾シェフ「隣から紙が出るなら、後々取引しやすいように『市場(通常の半額で製造物を取り引きできるようになる)』を建てておくか〜」


あっさりT倉さんの資源を利用する建物を建立。
早くも動きに一歩優劣がついた感がありますが、まだまだゲームは始まったばかり。いつ何がきっかけで有利不利が入れ替わるかは分かりません。



 次に動いたのは4手番目。T倉さんの文明を挟むN尾シェフとK島さんが同時に「櫓」「兵舎」を建設します。
←こちらが「櫓」。
←で、こちらが「兵舎」。いずれも軍事力を持ちます。
 戦争は両隣の文明と軍事力を比べ合うので、こんなのを同時に両サイドに建てられたT倉さんはたまったもんじゃありません。
フードファイターK島「いやぁ、そろそろ第T世代も終わるから軍備にも目を向けないと。ねぇ、N尾シェフ」

N尾シェフ「いやぁ、自分の文明は元々戦争向きですからねぇ、少しはここで点を稼いでおかないと」

不動のT倉「お・ま・え・ら・なぁ〜!」


 ゲームに勝つ人というのは、やはりどこかしら性格がねじ曲がっているのでしょうか?

 結果、第T世代の終わりに解決される「戦争」ではT倉の文明がタコ殴りを受け、マイナス点を甘受。第T世代はまさにT倉さん受難の時代となったようです。
 ここから大逆転があると、壮絶なドラマになるのですが、果たして逆転はあるのでしょうか?
 各人の第T世代の動きを以下にまとめてみました!


研磨するM瀬……木、石、土と、自身の文明を自力発展させる生産物を確保。
6手目で「祭壇」を建設し、勝利点を稼ぐ足がかりを築く。

広木社長……一通りの生産物を揃え、どの角度からでも勝ちを狙える体制を整える。

N尾シェフ……「工房」と「写字室」を建設し、学術方面での得点奪取に動く。文明発展に走れないのがどう響くか。

不動のT倉……先述の通り。次世代に期待しよう。

フードファイターK島……「兵舎」と「営倉」により一躍軍事国家に。
「酒場」と文明発展で豊富な資金を確保し、第U世代に備える。

匠のF田……文明を発展させることで両隣からの生産物購入を半額にし、「浴場」「祭壇」を建立。
      3段階発展に備え、伏して待つ。

管理人K藤……紙、ガラス、布を自前で調達できる形に。以後の建造物によって如何様にも変化できる形。

 キリがよいので今回はここまで! 次回、第U世代、第V世代での攻防をお届けいたします!

(次回に続く)

twitter

遊宝洞公式twitter

QRコード

QRコード

最近の記事

月別

カテゴリ

遊宝洞 商品ページ

伝説のかけら
仮面舞踏会
妖精奇譚
幻影奇譚
ヴァルキリー・ストライク