遊宝洞

ボードゲーム リプレイ「花火」(再リプレイ・前編)

2014年12月19日
 ある日、遊宝洞ブログ編集担当の元に、天の声が届きました。曰く、


天の声「以前紹介した「花火」じゃが、ルールが間違っておるぞ。しかも無駄に難しい方に。



 手札の内容を教えてもらうんじゃなくて教える事ができるんですね、大変失礼いたしました… 
ルールが間違えていた箇所を訂正させて頂きました。

というわけで、改めまして正しいルールで再収録したリプレイをお送りします。


 さて、再び5人を集めてのリプレイ再録と相成りました。
今回は成功率をあげるため、多色カードを除いた5色の打ち上げに挑戦。
参加メンバーは以下の通りです!


広木社長……泣く子も笑う豪放代表取締役。一度致命的なミスをかまし、3回目のプレイを収録するに至っている。

フードファイターK島……そろそろ「K島さんは協力ゲームに向かないんじゃないか」と囁かれ始める理論派。

N尾シェフ……プレイをリードする統率力を発揮。空気も抜群に読める。

N羽女史……今回も紅一点。プレイにも慣れ、最適な行動を選択できるようスキルアップを果たした。

M尾主任……社長と同じく、割と直感寄りなプレイングを好む。
 

筆者「ちなみに社長、始める前に先程のようなミスはしないでくださいね。」

広木社長「分かってるって。もうあんなミスはしないよ〜」


 今回お届けするリプレイは実は都合3回目のプレイ。
 2回目は中盤に広木社長が「真ん中の2枚は緑……あいや、緑じゃダメだ。4ってヒントにします!」力強く情報漏えいをしたため、ノーコンテストに。
 皆、忙しい中収録に参加しているのですから、マジでお願いします。


 というわけで全員気を引き締めなおしてのプレイは広木社長から。


M尾主任「まずはなんにせよ1を教えてもわらないと」

広木社長「そうだな〜、じゃあまずはN尾シェフのここが『1』な」

フードファイターK島「じゃあ、M尾主任は端の2枚が『1』です」


 まずは白、青、緑の「1」を持つプレイヤーの手札を次々に指摘。
 N尾シェフは素直に白の「1」を打ち上げます。

 これを受けてN羽女史。


N羽女史「私を飛ばして手番が後のM尾主任にヒントを出したっていうことは、私の今の手札に『1』はない可能性が高いですよね」

 実に論理的で筋道の立った推理を見せるN羽女史。
実際は
←分かりにくいですが、赤1、赤5、緑4が2枚という状況。
 1は存在しているので、ヒントが来なかったのは出した人の気まぐれだったわけですが、「1」自体はそれぞれ3枚存在しているので、捨て札にしたところで大きな痛手はありません。
 今後もヒントが必要になることを鑑み、N羽女史は手札を捨てる事に。

N羽女史「まぁ、5じゃなければ大した痛手じゃないですから」  
←バンッ!
 しっかりと唯一捨ててはいけない赤の5を捨て札に。
 何故でしょう、隙がない賢明な判断を重ねていたのにも拘らず、指運で最悪の結果を招いてしまうとは。


N羽女史「……しっかりフラグ回収しちゃいましたね……」


 しかし、状況的には満点が望めなくなっただけのこと。まだまだ素晴らしい花火大会に仕立てることは可能です。

 気を取り直して、プレイを再開。M尾主任は教えられた「1」のうち、青「1」を打ち上げ。
 続く広木社長のヒントでN羽女史が直前で引いてきた黄色を加えた「1」2枚の情報を伝達し、5色の第一段階打ち上げをほぼ確約させます。
 疑わしきは動かずでヒントを温存し、N羽女史が黄色の「1」、M尾主任が緑の「1」を打ち上げます。
 「1」がほぼほぼ出切ったため、次に動く人のためにヒントを出したい広木社長の手番。
 それぞれの手札を確認した後、K島さんを指名。
←いやー青いですねえ。


広木社長「K島、君の手札はオールブルーだ


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


フードファイターK島「……と言われても数字も分からないのでどうしていいか分からないのですが

広木社長「あ、そっか! しまった!」

N尾シェフ「社長、それ絶対言いたかっただけでどういうヒントになるか考えないで出したでしょう!


 皆が一丸となって打ち上げに向かっている最中、若干無駄遣い気味にヒントを使ってしまった広木社長。
 ヒントを出せる回数には限りがあるので、こういった無駄撃ちは極力避けねばなりません。


フードファイターK島「N尾シェフ、ここは少し仕事をしてもらって、ヒントを出すのは俺達が頑張るってことにしませんか」

N尾シェフ「ですね! そうしましょう! 社長、この2枚が『2』ですよ!」

広木社長「そうか〜、じゃあ、あと2手番は教えられたのを出すわ〜」


 何か不自然な方向で一致団結を試みた皆の心。カードの引き運自体はよいので、このままいけば高得点が期待できるかもしれません!
 次回の結果に期待をしながら、続きます!

(次回へ続く)

twitter

遊宝洞公式twitter

QRコード

QRコード

最近の記事

月別

カテゴリ

遊宝洞 商品ページ

伝説のかけら
仮面舞踏会
妖精奇譚
幻影奇譚
ヴァルキリー・ストライク