遊宝洞

ボードゲーム リプレイ「操り人形」(中編)

2015年4月3日
前回のあらすじ〜

 ゲームは人の心の一部を顕わにするようで、遊宝洞の暗黒面に触れ続けたHなみんはいつの間にか闇のフォースを体得していた。結果、悪人しかいなくなったプレイヤー達に待ち受ける運命とは!?


第4ターン。「司教」と「将軍」が選択不可。盗みと暗殺が暴れる予感。

広木社長「今回は盗賊で……王様から金貨を盗もう。で、奪えた時のために手札を整えてっと」

匠のF田「王様なんで金貨はとられますけど、2金で建てられる建物を置いておきましょう」

Hなみん「商人でお金をもらって、ボーナス建物から金貨を補充しますね」

←もはや玄人の商人プレイ。建物競争でもトップに立つ。

フレッシャーズS木「僕は手札が乏しいので建築家で補充を……いや、ホントそれだけですよ。ま、荘園は立てておいて、黄色建物が3つにはなりますが」

←これで王様を取ると財力において圧倒的な優位を確保できる。
 彼にももはや新人の面影はどこにもない。

そろそろプレイヤー同士がお互いを「あやつり」始める様相を呈してきた。これこそが「あやつり人形」の醍醐味。
これに伴い、饒舌だった皆の口数も少なく、状況は殺伐としていきます。

Hなみん「……いろいろ考えたんですけど……王様を暗殺しときます(よくよく考えるとすごい発言)」

広木社長「王様が殺されているから……(流した)建築家からお金を盗もう」

フレッシャーズS木「……(刺殺済)」

匠のF田「安全に商人で建物をっと……」


第5ターン。「商人」と「司教」がいない中……

フレシャーズS木「(先ほどの恨みを晴らさんが勢いで)盗賊を殺します!」

匠のF田「……(ピンポイントで刺殺)」

Hなみん「建築家でカードを引いて……ボーナス狙いで青建物を建てます!」

広木社長「じゃあ、Hなみんが6軒目なので将軍で軽い1金建物をぶっ壊すね!」


←破壊!

第6ターンは「司教」と「暗殺者」が選択不可。

広木社長「5金の建物を建てた後でHなみんと手札交換だ!」
(ここのところ、社長の個人攻撃が目立ちます)

フレッシャーズS木「誰もカットしなかったみたいなので、王様のボーナス収入を丸ごといただきますね。んで、図書館建てます」


←図書館建造!

匠のF田「王様は誰かがカットしてくれると思ったのに……『商人』でお金をため込みつつ、5軒目を建てますね」

Hなみん「将軍でS木さんの独走を止めます! 『荘園』破壊します!

←荘園破壊!

広木社長「おお、そっちを攻撃するか!」

匠のF田「確かに今のターンで大きく点を伸ばしたのは事実ですからね(ニヤリ)」


 一進一退を続ける一同だが、実はゲームはすでに終盤戦。匠のF田には一気にゲームを終わらせるだけの策が用意されていた。
 次のターンの王であるフレッシャーズS木の経験値ではこれを察することは出来ない。
 プレイ経験のある先輩ならではの悪意に満ちた一撃とは!

 詳細は次回冒頭でお伝えします!


(次回へ続く)

twitter

遊宝洞公式twitter

QRコード

QRコード

最近の記事

月別

カテゴリ

遊宝洞 商品ページ

伝説のかけら
仮面舞踏会
妖精奇譚
幻影奇譚
ヴァルキリー・ストライク