遊宝洞

ボードゲーム リプレイ「操り人形」(後編)

2015年4月10日
前回のあらすじ〜

 一瞬盤石のリードを見せたフレッシャーズS木は即座にHなみんの妨害を食らう。


広木社長「なんでこっち狙ったの?」

Hなみん特に深い意味は。インストプレイの時に勝ったからムカついて」


 これにより再び勝利の女神は空を漂うことになるが、これは前のターンから金貨をため込んだ匠のF田の作戦だった!
 果たして、一撃必殺の奇策は成功するのか!?


 第7ターンは「奇術師」と「司教」が選択不可となる。
 これを完全に追い風につけたのが2手目に選択権がある匠のF田。
 ここで安物ながら5つの建物を建造している彼は「建築家」による3軒建造に成功すればゲームエンドフラグを建てることが可能。
 王であるS木さんに「建築家」を取る利点はなく、(この時点ではS木さん以外に知れ渡ってはいないが)「暗殺者」も使用不能。
 もはや勝利の女神はF田さんの下に降りたのか。

匠のF田「さて、ここで自分の『建築家』が発動するわけですが、資金は先ほどのターンで十分に貯まりました」

広木社長「ぐ、まさか!」

匠のF田「そう、そのまさかです。この引きで建築可能な建物を引けば、一気に8軒目。ゲーム終了です。社長、盗賊する相手を完全に見誤りましたね!」

 ここで引ければF田さんの勝利は確約! 果たして運命は!


←8件目建築!決着!

 一瞬、建造成功! 伏竜のF田大勝利! 


 ……かと思われましたが……

←アップで見てみましょう。

 あ、被ってる。


匠のF田「ぐ、完全に見落としていた! 今終わっていれば完全に私の勝利だったというのに!」

 分かりやすいラスボス口調で轟沈したF田さん。被った1枚を戻し、異なる1枚を求めますが、勝負の流れは完全に逃してしまいました。

 ほかの皆が命拾いをした第8ターンは「司教」と「盗賊」が選択不可能。


フレッシャーズS木「とりあえずF田さんを行動させるわけにはいかないんで『暗殺者』を取ったんですけど……う〜ん、ターゲットは王様かな」

匠のF田「ぐっ! 読み切られて死んだ!」


 フレッシャーズS木の華麗なる刃が通常アクションまでをも止めたこのターンはしれっとHなみんが7軒目を建造。
 2人のプレイヤーがリーチになる現状では建物の数で劣る広木社長達ではゲームを終わらせることが出来ません。

 決着濃厚の第9ターンは「将軍」と「司教」が除外。
 リーチの者は勝負を決めに、それ以外の者は何としても妨害できるキャラを掴むしかありません。

 ここからはガッツリ行動順で追っていきましょう!


 まずは「暗殺者」を引いた広木社長!
 下家のリーチ者Hなみんに流したカードは分かっているので、刺せる確率は50%!
 

広木社長「この娘はこういう時……裏を掻いてくるんだよ……そうなんだよ……」

Hなみん「社長、私のことそういう風に思っていたんですね……」


 悩みに悩んだ末、建造の選択肢が増える「建築家」の刺殺を宣言!

 しかしその直後、「盗賊」のHなみんが行動開始! 暗・殺・失・敗!
 あっさり8軒目を建造!

←決着!


広木社長「くそ〜! 失敗した! なんで「盗賊」を? 得しないじゃん!」

Hなみん「普通に早く行動できるからです。手札に建造可能な建物は握っていましたし、早い方がボーナスももらえるんですよね?
     それにF田さんが商人を取ったであろうことは感づいていましたから、得点で抜かれないように金貨を奪おうと」


 単純明快にして聡明な理論により、5色ボーナス+一着ボーナスを獲得したHなみんがそのまま逃げ切り。F田さんは刺され、Hなみんは刺されなかった。そんな暗殺者の腕が明暗を分けました。

 1位 Hなみん 29点
 2位 匠のF田 25点
 3位 フレッシャーズS木 21点
 3位 広木社長 21点



 今回は基本セットでのプレイとなりましたが、拡張セットもあるのでなが〜く遊べる本作。
 初めての人達にも好評でしたので、ゲーム好きが集まった時にぜひ操り、操られを楽しんでみてください!

twitter

遊宝洞公式twitter

QRコード

QRコード

最近の記事

月別

カテゴリ

遊宝洞 商品ページ

伝説のかけら
仮面舞踏会
妖精奇譚
幻影奇譚
ヴァルキリー・ストライク