遊宝洞

遊宝洞商品 ゲーム紹介「ヴァルキリーストライク」

2014年9月5日
 いきなりですが、皆さんは「中二病」を患っていらっしゃいますか?

 私は長いことこの病を患ってまいりました。現在では快方に向かっていると思っているのですが、未だに腕から超鋼鉄製の爪でも生えてこないかなと思ったりしますし、生えたからにはそれを活かしてバウンティハンターに転職しようと考えています。

 あ、突然謎の怪人に襲われたところを宇宙から来た警察的なキラキラのヒーローに救われて後任の地球警備担当ヒーローになる、でも可です(何が?)。


 しかしながら、そのような妄想が現実になることはなく、実際の私は慢性的な肩コリに筋肉の衰えを感じざるを得ない日々。この肉体が、激しい戦闘に耐えられるとは思えません。

 では、今度は指揮官として世界の平和を守ろうではないですか!

 そんな終わらない妄想を込めて制作されたのが(?)この「ヴァルキリーストライク」です!
←外箱はこんな感じです。
 凶悪なモンスターと、それに立ち向かうヴァルキリーの格好良い絵が目印。
 ヴァルキリーストライクはプレイヤー各人が自分専用の山札を持ち、それを次第に強化していく「デッキ構築型」と呼ばれるゲームです。「ヴァルキリー」と呼ばれる女性兵士を率いる指揮官となって巨大モンスターを協力して打ち倒します。
 蹴散らされていく「ヴァルキリー」が尽きないうちにモンスターの弱点をすべて破壊することができればプレイヤー達の勝利。最も活躍したプレイヤーが栄誉を得ることになります。

 商品に付属しているモンスターは「ヨルムンガルド」。北欧神話に同名の邪神を持つ巨大なドラゴンで初回プレイ向けの「傷ついたヨルムンガルド」と逆転性が高い動きを見せる「空を舞うヨルムンガルド」の2種類が存在します。

 これに対抗する「ヴァルキリー」は32種144枚(初期デッキカードを除く)。モンスターとの直接戦闘を行う「Battle」とこれを支援する「Assist」の2種に大別され、さらに4つの部隊で構成されています。
←ヴァルキリーカードはこのような感じです。
 モンスターを撃退するため、様々な装備に身を包む「ヴァルキリー」は有名イラストレーターの手によってこの上なく美麗に描かれています。
大きいイラストや設定はこちらから!


 ゲームが始まったら、手番のプレイヤーから順番に、自分の山札から引いた5枚のカードを使って、戦場で戦っている「ヴァルキリー」をスカウトし、自分の部隊に加えます。
←手札のカードから発生した「資金」を使い、ヴァルキリーをスカウトしてデッキを強化していきましょう。
戦場には「Battle」と「Assist」、それぞれの山札からランダムに3枚ずつの「ヴァルキリー」が見えています。左上のコスト分の「資金」を支払うことで自分の部隊に加えることができます。高額な「資金」は「Assist」の「ヴァルキリー」を雇うことで捻出しましょう。


 スカウトした「ヴァルキリー」と使ったカードは一旦自分専用の捨て札に置かれます。自分の山札がなくなったら、捨て札のカードをよく混ぜて新たな山札として使用することになるので、次に引いてきた「ヴァルキリー」は晴れて戦力として使用できる、というわけです。

こうしてスカウトを繰り返し充分な戦力が整ったら、今度はモンスターに対して攻撃を仕掛ける番です。
モンスターへの攻撃は「戦力」というパラメーターがカギを握ります。
←「Battle」のヴァルキリーと「Assist」のヴァルキリーのパラメーター比較。
「ヴァルキリー」カードの左下の数字に注目です。
上が「資金」で下が「戦力」になります。「Assist」からは「戦力」が出ないのでモンスターを倒すには「Battle」が欠かせません!
 モンスターには「弱点」が存在し、これに設定された「耐久値」以上の「戦力」でこれを攻撃することで「弱点」を破壊します。これによりVP(勝利点)と破壊した際の報酬効果を獲得できます。
 「耐久値」を超えた値は次の「弱点」まで貫通しますし、破壊に至らなくても攻撃した「戦力」分のVPは獲得可能。「ヴァルキリー」達の能力を上手く組み合わせて致命傷を狙っていきましょう!

 しかし、モンスターとてただで殴られるわけではありません。
 ターンが巡ってくるごとにサプライの前列にいるヴァルキリーを問答無用に捨て札にしてしまいます。
また、次第に高くなる耐久値を超える戦力をひねり出すのは容易ではありません。

 そこで重要になってくるのが「レイジタクティクス」。
 これはモンスターごとに設定されている全部隊共通の特殊効果で、モンスターのダメージに応じた作戦行動をとることでより部隊を効果的に増強できるシステムとなっています。
←モンスターカード。ダメージを与える事でレイジ1〜3まで変化します。
 レイジタクティクスによってこちらのヴァルキリーへの効果が変化していきます。
 上の「空を舞うヨルムンガルド」の場合は始めに資金をもらえるので、強いカードを早めに取得。レイジ2ではパワーが低い初期デッキのカードをリストラして強力なカードのみをデッキに残していき、最後のレイジ3ではVPを最も多く稼げるようにカードを使っていく必要がります。

 モンスターの受けているダメージによってレイジが変化し、効果が変わってしまうので「直前のプレイヤーがダメージを与えすぎて計画が崩れる」なんてこともしばしば。
 自部隊に引き入れようとしていたヴァルキリーを先に取られたり、捨て札にされたりするのも日常茶飯事なので、共通の敵に向かって一致団結しているはずが、いつの間にかライバルは隣のプレイヤー……なんてことも。
 この世から戦争がなくならない理由は、こういうところにあるのではないでしょうか(キリッ。

 これ以外にもルールが存在しますが、続けて紹介してしまうと冗長になりますので、その辺りはリプレイレポートに預けましょう。
 さぁ、それではリプレイに向けて、私と同レベルの妄想部隊長を引き入れてこなければ……。

(次回に続く)

twitter

遊宝洞公式twitter

QRコード

QRコード

最近の記事

月別

カテゴリ

遊宝洞 商品ページ

伝説のかけら
仮面舞踏会
妖精奇譚
幻影奇譚
ヴァルキリー・ストライク