遊宝洞

遊宝洞商品 ゲーム紹介「ヴァルキリーストライク 追加モンスター紹介『鎖錠されたフェンリル』」

2014年11月4日
 以前このブログで弊社商品の「ヴァルキリーストライク」を取り上げさせて頂きました。
みなさん遊んで頂けましたでしょうか?
 まだ遊んだ事のない皆さん、こちらが紹介記事となっております
興味を持ってくれていると嬉しいです。

 さて、ヴァルキリーストライクをプレイされた方は既に実感を頂けていると思いますが、
このゲームはモンスターカード(「レイジタクティクス」の内容)が変わるだけで、難易度が大幅に変動するように作られています。

 商品同梱の「ヨルムンガルド」は購入した方が初めて遊ぶ場合でも楽しく遊べるように、比較的簡単な難易度の「レイジタクティクス」で構成されています。

 数回プレイすれば討伐するのは当たり前、本当の敵は大量のVPをかすめ取ったアイツ……という事態に陥っていることでしょう。


 それでしたら是非本日ご紹介する、高難易度設定のモンスターを討伐してみてください。
 きっと皆さんの結束が深まるものと思います。
←こちらが追加モンスター、
『鎖錠されたフェンリル』です!
(クリックで大きい画像)
 格好良い!
 追加モンスター第1弾となるのがこの「鎖錠されたフェンリル」。
 こちらのページでデータをダウンロードして印刷いただければ、A4サイズのドデカいモンスターを相手にゲームを楽しむことができます。


 では、どこら辺が高難易度になっているのか、「レイジタクティクス」ごとに解説をしていきます。


レイジ1
「このターンの終了フェイズ開始時まで、サプライ置場の前列にあるカードのコスト−(ただし、1を下回らない) 」

 「資金+1」だったところがこのように変更されています。
 「ヨルムンガルド」の時には自分の手持ち資金+1でヴァルキリーを雇ってくることができましたが、今回それができるのはコストが下がっている前列のみ
 中列と後列は手持ちの資金だけでやりくりしなければなりません。

 なんでこんな意地悪な作戦になっているのか。前線で戦う身としては世知辛いモノを感じます。


レイジ2
「ターンプレイヤーはこのターンの終了フェイズ開始時、以下の効果を追加で行う。『このターン、使用したカードの中から1枚選び、ゲームから取り除いてよい。』 」

 自分のターンが終了する時に「もう2度と使わないであろうカード」を取り除くことができますが、「ヨルムンガルド」とはタイミングと効果範囲が異なる点に注意が必要です。

 捨て札に溜まっている不要カードを取り除くことができないので、タイミング次第ではうまく不要カードを減らすことができず、結果として行動が阻害される恐れがあります。この時ばかりはいらないカードをいやいや使って取り除く……という一手間が必要になってきます。


レイジ3
「サプライにある、最もコストの低いヴァルキリーカードをすべて廃棄する。」

 侵攻フェイズで前列を吹き飛ばしたのちに追加で弱いヴァルキリーをまとめて吹き飛ばします。
 この際のコストは「Assist」、「Battle」を問わずに参照するので、6枚あるサプライが全滅する可能性すら存在します。
 結果として、終盤に高コストのヴァルキリーが残る形になるので、高得点を得やすい環境になりますが、それ以上にサプライの山がバリバリ削れるため、のんびりしていると敗北条件を満たすことになってしまいます。


 戦いを優位に進める上で重要な作戦となる「レイジタクティクス」ですが、正直今回の各項目は前線の兵士を見殺しにするかのような微細な恩恵しか生みません。
 しかしこれは上層部が無能というよりはモンスターがそれしかさせてくれない……という解釈で乗り切っていただき、どうかこれ以上自軍内での軋轢を増やすような真似は起こさないようにしていただきたいところです。

 鎖で繋がれているくせにやたら手強い「フェンリル」。
 果たしてこれを攻略することは可能なのか。次回は社内有志によるフェンリル討伐リプレイを皆様にお送りしたいと思います。


(次回へ続く)

twitter

遊宝洞公式twitter

QRコード

QRコード

最近の記事

月別

カテゴリ

遊宝洞 商品ページ

伝説のかけら
仮面舞踏会
妖精奇譚
幻影奇譚
ヴァルキリー・ストライク